経営者の声
トップ >経営者の声

事業承継に向けた資金調達

FC加盟店支援協会さんにお願いしたのは、実は資金調達が目的ではありませんでした。
事業承継を見据えた中で、いつでもバトンタッチできるような企業体質へ変えることが一番の目的でした。
先生から提案されたのは、ベンチャーキャピタルからの5000万円の出資でした。
メイン銀行は反対するし、当社の財務内容で出資が受けれるのかも不安でしたし、半信半疑でした。
ところが、ベンチャーキャピタルからの出資が本決まりになると、メイン銀行は手のひらを返すように、すり寄ってきて、なんと銀行まで出資することになりました。
増資により、当社の財務内容は劇的に改善されるとともに、外部からの出資を受けていることが信用力の増大に繋がり、難航不落の新規先と取引実現するなど、業績拡大にも大きく前進いたしました。
FC加盟店支援協会さんの指導により、当社のグループ売上が約3年で倍増しました。
本当にありがとうございました。
協会さんは中小企業をワンランク上のステージへ引き上げてくれ、見たことがない景色を見せてくれます。
本格的な事業承継まで、まだ数年ありますが、今後もご指導よろしくお願いいたします。

建設業:年商20億円

大型シンジケートローン

積極的な事業展開が裏目に出て、取引銀行が融資を渋るようになっていました。
そんな時にFC加盟店支援協会さんを紹介されました。
協会さんからは、次のような画期的な提案をして頂きました。
・大型設備投資に絡めて既存の銀行取引を見直す。
・地方銀行中心の銀行取引にメガバンクを組み込む。
・銀行間の競争により有利な調達条件を引き出す。
その結果、メガバンクから地元信金までが参加するシンジケートローンのアレンジが実現し、当社の資金構造は劇的に改善されました。
あらためて感謝申し上げます。
その節は真にありがとうございました。
このファイナンスが契機となって、当社は一層の財務体質改善に励み、現在では金融機関に困らない状況が続いています。
最近は、買収案件の持ち込みが活発になってきており、また協会さんにはお世話になりますので、どうぞよろしくお願いします。

医療:年商30億円

飲食店の2店舗目出店資金

開業して2年が過ぎ、業績も堅調、好物件が見つかったため、2店舗目の出店計画をメイン銀行へ相談に行きました。
創業以来、仲良くしていた融資課長が移動になり、新しい課長が着任したばかりで、挨拶も兼ねて新店舗出店を相談しました。
ところが、けんもほろろの厳しい対応で、意気消沈して銀行を後にしました。
その後も、約1か月間、何回も銀行に足を運びましたが、ムダに終わりました。
顧問税理士に相談したところ、新任の融資課長はその銀行でも1番融資に渋くて有名な人物で、その支店と取引している顧問先はみんな困っているとのことでした。
何とかならないかと税理士さんに頼み込んだ結果、FC加盟店支援協会さんを紹介されました。
その結果、設備資金800万円、運転資金300万円、合計1100万円融資実行と助成金500万円獲得とびっくりするほどの実績となりました。
やはり本物はすごい。
協会さんは本物の資金調達のプロフェッショナルだと実感しました。
銀行取引の「秘策」もご指導いただき、現在は取引銀行が競争の上、有利な条件や情報を持ってきてくれます。
協会さんのご指導のおかげで、現在は4店舗にまで業容拡大中です。
本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

飲食業:年商5億円

飲食店の新分野進出資金

飲食店を経営しながら、長年の夢であるオリジナルスイーツの開発に取り組んでいてようやく開発に成功しました。
そこで、飲食店が菓子製造に参入するための融資を申し込みましたが、新分野進出に消極的な主力銀行が難色を示し、自分の夢をかけたプロジェクトが暗礁に乗り上げてしまいました。
その折、勉強仲間の経営者から紹介されたのが、FC加盟店支援協会でした。
協会さんは、当社の今後のビジョンに共感してくれ、メイン銀行の変更という強烈な提案をして頂き、アドバイスに従い、行動した結果、別の銀行と取引が実現。
肩代わり資金1000万円、新分野進出資金1000万円の融資が実行となりました。
協会さんのおかげで、オリジナルスイーツの開発に成功し、全国の百貨店物産展で取引されるまでになりました。
これもひとえに協会さんのご指導のたまものです。
本業の飲食店が振るわない中、スイーツ事業が急成長していて、会社全体として助かりました。
あの時、協会さんに助けてもらえなければ、今頃、うちの会社はどうなっていただろうと考えると、本当に寒気がいたします。
本当にありがとうございました。

飲食業:年商3億円

*メールアドレスをご登録ください。